意思の疎通を上手く行うためには

コミュニケーションを大切にする

意思の疎通が上手くいかないのは、お互いに壁を作っているからです。その壁を壊すのはコミュニケーションしかありません。ただ、意思の疎通ができていないと感じる者同士がいきなり同級生のように笑顔で会話をするのは難しいです。なので最初は簡単な挨拶を欠かさずするようにして、毎日言葉を交わすことを心掛けます。人間の心理として毎日顔を合わせていたり言葉を交わしていると仲間意識が芽生えて距離が縮まります。反対に何日も顔を合わせなかったり会話をしないとお互いに気まずくなってしまい、コミュニケーションが難しくなってしまいます。
挨拶程度は社会人としての常識なので、勝手に壁を作ることなく社内の仲間として積極的にコミュニケーションしなければいけません。

積極的に行動を共にする

単なるコミュニケーションで分かり合える場合もありますが、そうでない場合もあります。その時は、一緒に行動を共にすることでお互いの考え方や能力を把握することができます。仕事の進め方や得手不得手を把握することで、仕事の分担に生かせます。心の奥底にある自身の感情はなかなか他人に伝えることができないので、行動パターンから読み取ると楽です。
毎日相手の行動を見ることで、それとなく相手の考えが分かってくるので自然と意思疎通できるようになります。コミュニケーションにしても行動から読み取るにしても、共通しているのは意思疎通を図りたい相手との距離が近いということです。遠くから眺めているだけでは相手の事が分かりません。

© Copyright New Environment. All Rights Reserved.