リスクを取らぬものにリターンなし

企業としての成長促すために必要なこと

企業として大きな成長を遂げるための社員教育を行おうと考えたら、企業によっては抜本的な発送の転換が必要になります。シリコンバレーのように大きな成功を多くの企業が達成してきたところでは個人の努力が重要視されてきました。その視点を持って個人の裁量を大きくして積極的に自分の判断で行動できるようにする必要があります。
社員教育の上で重要なのはリスクを取ってでも正しいと感じたことをトライするように促すことです。新しいことを試すのに躊躇しない気風を育てるのが重要であり、上司がそれを良しと考える傾向を生み出さなければなりません。そのためには新人教育だけでなく、管理職までを含めた一斉教育を行うことが重要になるでしょう。

社員教育に見合った制度の確立も大切

企業としての飛躍的な成長を達成するにはリスクを負ってでも大きなリターンを追求する必要があるでしょう。そのときに個人に裁量を与えても、失敗したときのリスクを個人が負わなければならないのでは思い切った行動を取ってもらえません。裁量を与えた上で、失敗の尻拭いは企業側で行うという体制を整えるのが重要になります。
制度上で明らかな形に整え、それを社員教育の場で理解させるのが効果的でしょう。与えられる裁量の範囲を明確にし、その範囲を徐々に広げていくことで個人の力による企業の成長が実現できるようになります。社員教育ではその具体例を明示して社員にイメージを沸かせるようにし、実践につなげていく努力が必要になるでしょう。

© Copyright New Environment. All Rights Reserved.